2014年5月7日水曜日

支部の活動

私の所属しています愛知県司法書士会にも数々の支部があって、その中の名古屋中央支部というところに私は現在所属しています。
支部のクラブ活動としてソフトボール部があり、野球関係は子供の頃の、子ども会のソフトボール以来という経験でありながら、私も参加させてもらっています。
そして昨日、今年最初の活動があり、お隣の春日井支部の方々と練習試合などして、好天にも恵まれ非常に楽しい時間を過ごすことができました。ヘタくそでもなんでも楽しいものは楽しいです。駆け出し司法書士であるため、先輩方と交流を計り、業務の勉強になれば、との気持ちから始めたのですが、業務など一切関係なく楽しんでます。そもそも仕事の話など一切なし。当たり前ですよね、休日の青空のもと仕事の話なんかする方がおかしい、ってなもんです。
で、内容はよくあるシロウトソフトボール(お前に言われたくないと言われそうですが)によくある乱打戦、ワンエラーで大量失点というやつです。でもこの方がかえって私には楽しく感じました。めちゃくちゃ早いタマ投げて、鉄壁の守備で1点も取れず、これじゃぁつまんないじゃないですか。
しかし、野球は上手い人はめちゃくちゃ上手いですね。日本は野球人口が多いだけあって普通にいますね、そんな人が。たまげます。
ところで、こういった支部の活動も積極的に参加する人は大体決まっているようです。中には、そんなのは内向きな集まりだとか、同業者同士で仲良くなっても仕事に結びつかん、などと言っている方も見えるそうです。レクレーション相手に正論ぶちまけてどうすんだ、アンタ!、というのが私の感想です。また、部活動はともかく、1年に1度の支部総会や懇談会にすら全く顔を出したことがないという方もみえると聞いたことがあります。
どうも司法書士業界は、一人大好き人間が多いような気がしてならんのだが・・。気のせいだろうか・・。